FC2ブログ

意匠法の改正に向けて(建築物の意匠)



10月23日に審査基準ワーキンググループが開催され、「建築物」「内装」「組物」について審議されました。資料は以下のサイトで公開されています。
https://www.jpo.go.jp/resources/shingikai/sangyo-kouzou/shousai/isho_wg/17-shiryou.html
資料が膨大なので、「建築物」は資料4,「内装」は資料7、「画像」は資料10、「組物」は資料13を参照してください。
 以下において『』カッコで囲んだ部分は審査基準案からの引用です。


1..建築物
 基準案では、「建築物」を広く捉えています。建築基準法でいう「建築物」に加えて、橋梁やダムなどの土木構造物も「建築物」に含まれるものとして呈示されています。創作の対象をできるだけ広く取り込みたい、というのが提案者の考えのようです。
 他方、「建築物」は人工構造物であることが要件とされ、
① 人工的でないもの
② 人の手が加えられているものの、自然物や地形等を意匠の主たる要素としているもの
③ 土地そのもの又は土地を造成したにすぎないもの
はこの要件を満たさないものとされています。
 上記①の例として「自然の山、岩、医師、樹木、草、河川、滝、砂浜など」が例示されていますが、『人工的なものでないものであっても、建築物に付属するものであって、建築物自体に固定し、建築物の内外の壁面や屋根などを装飾する素材等として使用したものについては、建築物の意匠を構成するものとして取り扱う。』とされています。
 上記②の例としては、「スキーゲレンデ、ゴルフコース、自然物を主たる要素とする庭園など」が例示されています。
 この点に関し、建物と自然物を総合したデザインもあるのではないか(例えば「あべのハルカス」の屋上庭園)、それを端から否定してよいのかという指摘があります。

2.建築物のとらえ方
 意匠法は「一物品一意匠一出願」を原則としています。「一物品」とは原則として「一つの物理的な塊」です。
 「物品」の意匠についての「一物品」の考え方の緩和を受けて、審査基準案では、複数の建築物の集合体であっても、「学校の校舎と体育館」、「複数の棟からなる商業用建築物」などは「一つの意匠」として扱うこととされています。

3.付属物などの扱い
 『社会通念上、建築物の内部又は外部に、継続的に固定して使用し、任意に動かさないものについては、建築物の一部を構成するものとして扱う。』とされています。例えば映画館の座席のように固定されている什器などや、屋外の固定された付属物「ウッドデッキ、べデストリアんでき、門柱、敷設ブロック」が例示されている。)は建築物の一部を構成することになります。
 他方、『任意に動かすことのできる』テーブルや椅子、そして自然物は建築物の意匠を構成しないとされています。

4.建築物の内部
 建築物の内部は「建築物」の部分意匠として登録の対象になります。このとき、建築物の一部を構成すると認められる『社会通念上、建築物の内部又は外部に、継続的に固定して使用し、任意に動かさないもの』は含めることができますが、『任意に動かすことのできるもの』や自然物を含めることはできませ。
 『任意に動かすことのできるもの』を含む建築物の内部は、「内装の意匠」として登録の対象になります。

 東京都新宿区高田馬場2-1-2
 TOHMA高田馬場9階
 特許業務法人レガート知財事務所
 弁理士 峯 唯夫
 電話 03-3207-4403 FAX 03-3200-9120
 HP:http://legato-ip.jp/
 ブログ:http://legatoip.blog.fc2.com/
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

峯唯夫 レガート知財事務所

Author:峯唯夫 レガート知財事務所
弁理士 峯唯夫です。
特許や、意匠・商標・著作権などの「知的財産」を扱う仕事をして35年以上になります。
このブログは、峯の日常活動の備忘録として、思いつくことを記述します。

東京都新宿区高田馬場2-1-2
TOHMA高田馬場9階
特許業務法人レガート知財事務所
弁理士 峯  唯 夫
*********************
HPはこちら http://legato-ip.jp/
ご連絡は
mine?legato-ip.jp
('?'を’@'に変更してください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク