FC2ブログ

「リツイート」による著作権侵害

「リツイート」による著作権侵害

本年4月25日、知財高裁で気になる判決が出たので紹介します(平成30年(ネ)第10101号)。

■ 事案の概要
原告Xが、自己のウエブサイトに本件写真(氏名表示あり)を掲載したところ、アカウント1なる者(氏名不詳、以下同じ)がこの写真を自己のプロフィール画像としてTwitterに設定した。これを見たアカウント2なる者が本件写真画像を含むツイートを発信し、これを受信したアカウント3-5なる者(以下「リツイート者」という。)がリツイートした。
原告は、アカウント1-5を著作権侵害として、プロバイダ責任制限法4条1項に基づき、これらの者の発信者情報の開示を求めた事案です。
アカウント1,2が原告の公衆送信権を侵害したことについては争いがなく、争点はリツイート者の侵害の有無です。
原審(東京地裁 平成27年(ワ)第17928号)では、これらの者の著作権侵害、著作者人格権侵害共に否認しました。
しかし、知財高裁では、リツイート者の著作権侵害は否認しましたが著作者人格権侵害を肯定しました。

■ リンクと著作権侵害
リツイート者は、アカウント2の画像にリンクを張っていることになります。このように、第三者のウェブサイトにリンクが張られた場合、発信者はあくまでリンク先(アカウント2)のウェブサイトの運営者と考えられるため、リンクを張ることによって著作権侵害は成立しないと考えられています。
本件判決でも、Xが著作権を有しているのは,本件写真であるところ、本件写真のデータはリンク先のサーバーにしかなく、送信されている著作物のデータはそのサーバーのデータのみであり、自動公衆送信の主体は,当該装置が受信者からの求めに応じ情報を自動的に送信できる状態を作り出す行為を行う者と解されるところ、本件写真のデータは、リンク先のデータのみが送信されていることからすると、その自動公衆送信の主体はリンク先のURLの開設者であって、リツイート者らではないというべきであるとして、その侵害(公衆送信権侵害、複製権侵害)を否定しました。

■ 著作者人格権侵害
リツイート者のタイムラインに表示されている画像は,表示するに際して,本件リツイート行為の結果として送信されたHTMLプログラムやCSSプログラム等により、位置や大きさなどが指定されたために画像が異なっており、著作者の氏名が表示されないものもある。これは画像データ自体に改変が加えられているものではない、としつつも、リツイートに伴うプログラムの指示などで異なる画像となったものと認められるから,本件リツイート者らによって改変されたもので、同一性保持権が侵害されているということができる、と判断し、リツイート者のメールアドレスの開示請求を認めました。

■ 疑問点
(ア)データが改変されなくとも侵害になるのか
同一性保持権を規定する著作権法20条1項は「その意に反してこれらの変更、切除その他の改変を受けないものとする」と規定しています。本件では画像データ自体に改変は加えられていません。データが改変されていなくとも侵害だ、というロジックが理解できません。
(イ)やむを得ない改変
同条4項は、「著作物の性質並びにその利用の目的及び態様に照らしやむを得ないと認められる改変」は同一性保持権の侵害には当たらないと規定しています。所定の画面レイアウトに適合するようにプログラムが自動的に行う「改変」は、やむを得ない改変に当たるようにも思います。
(ウ)発信者情報開示の必要性
本件画像をツイッターから消去するには、アカウント1,2のサーバーにある元データを消去すれば足ります。そして、リツイート者は無意識のうちに「改変」しているのですから、「故意、過失」を要件とする損害賠償請求の対象になるとも考えにくいところです。リツイート者の情報開示を認める必要性もないように思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

legatoip

Author:legatoip
弁理士 峯唯夫です。
特許や、意匠・商標・著作権などの「知的財産」を扱う仕事をして35年以上になります。
このブログは、峯の日常活動の備忘録として、思いつくことを記述します。

東京都新宿区高田馬場2-1-2
TOHMA高田馬場9階
特許業務法人レガート知財事務所
弁理士 峯  唯 夫
*********************
HPはこちら http://legato-ip.jp/
ご連絡は
mine?legato-ip.jp
('?'を’@'に変更してください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク