FC2ブログ

ビジネスモデルのデザイン

今日は、日本デザイン振興会のセミナー「ビジネスデザインの解剖 -グッドデザインラボの成果発表会」へ行ってきました。
セミナー案内は以下の通り。

近年グッドデザイン賞でも応募数が増えている注目の分野「ビジネスとサービスのデザイン」。2017年度は、この分野のグッドデザイン賞受賞企業4社の皆さまにご参加いただき、日高一樹さん、廣田尚子さんをファシリテーターに迎え、研究会「グッドデザインラボ」を開催してきました。本ラボでは、各々の受賞プロジェクトをケーススタディとして、ビジネスデザインの視点からその評価ポイントを探っています。今回はこのラボの成果発表を行うとともに、グッドデザイン賞の考えるグッドビジネスについて、考えていきたいと思います。

はじめに日高さん(弁理士)から「ビジネスモデルを構成する7つの要素」の解説。すなわち、
1)課題抽出→2)基本設計→3)詳細設計→4)決断・意思決定→5)人材・組織→6)コミュニケーションデザイン→7)将来性・展開性

次いで、デザインラボ参加企業(下掲)からの発表。
[2017年度グッドデザインラボ参加企業]
・プラネット・テーブル株式会社
   2017年度グッドデザイン金賞受賞「SEND」
   https://www.g-mark.org/award/describe/45970?token=Ug9YTEdBFq
・社会医療法人財団董仙会
   2017年度グッドデザイン未来づくり賞受賞「ユニバーサル外来」
   http://www.g-mark.org/award/describe/45965
・ボッシュ株式会社
   2017年度グッドデザイン賞受賞「温室内環境モニタリングサービス プランテクト」
   http://www.g-mark.org/award/describe/45967
・朝日ライフ アセットマネジメント株式会社
   2017年度グッドデザイン賞受賞「投資信託 社会貢献ファンド あすのはね」
https://www.g-mark.org/award/describe/45975?token=Ug9YTEdBFq

個別の事例は各自サイトでご覧いただきたいと思います。以下、心に残った点を紹介します。

■課題抽出
4テーマは全て課題が明確であり、課題を特定するために時間を掛けている。「ユニバーサル外来」の事例では、建物の耐用年数(40年)を見据えて、将来を想定して課題を抽出している。
■基本設計・詳細設計
基本設計に時間を掛けることが必要。だが、詳細設計は十年に変更した方がよい。中小企業ならば社長の判断で変更できるが、大企業だと難しいことが多い。
基本設計・詳細設計を深掘りすることが「創出価値」の増大につながる。
■決断・意思決定
社内の説得が大変。だがやらなければ進まない。嫌われても仕方がない、という気持ちで進める。
■将来性・展開性
規模・利益を追うと「課題」「基本設計」からずれる恐れがある。経営者が変わってもぶれないようにする仕組みを作る必要がある。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

legatoip

Author:legatoip
弁理士 峯唯夫です。
特許や、意匠・商標・著作権などの「知的財産」を扱う仕事をして35年以上になります。
このブログは、峯の日常活動の備忘録として、思いつくことを記述します。

東京都新宿区高田馬場2-1-2
TOHMA高田馬場9階
特許業務法人レガート知財事務所
弁理士 峯  唯 夫
*********************
HPはこちら http://legato-ip.jp/
ご連絡は
mine?legato-ip.jp
('?'を’@'に変更してください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク