FC2ブログ

意匠審査基準ワーキンググループ(1)

長期間サボってしまいましたが、ぼちぼち復活しようと思います。
よろしくお願いします。

■改正意匠法の審査基準の審議が「意匠審査基準ワーキンググループ」が7月24日から開始されました。今後、9月、10月、11月とテーマ別に審議を行い、年末にパブコメに付され、1月末に決定というスケジュールです。
今回は、
・「創作非容易性」に係る審査基準
・物品区分表の廃止に伴う運用変更
が主なテーマでした。
議事録は未公開ですが、資料は以下のサイトで公開されています。傍聴してきましたので、概要を記します。
https://www.jpo.go.jp/resources/shingikai/sangyo-kouzou/shousai/isho_wg/15-shiryou.html

■「創作非容易性」に係る審査基準(上掲サイトの資料6)
このテーマは、創作非容易性の判断の基礎となる資料が、改正前には「現実に知られたものに限る」という解釈があったところを、現実に見たものがいなくとも「頒布された刊行物に記載され、又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった」ものと規定されたことに伴うものです。
したがって、基礎となる資料の歯2が拡がったのみで、創作非容易性(3条2項)の判断手法が変わるものではありません。
しかしながら、審査基準に掲載する事例が全面的に入れ替えて提案されており、委員からは事例の適切性について種々の指摘がありました。
次回、事例の一部が差し替えられて提案されるものと思います。

■物品区分表の廃止に伴う運用変更(上掲サイトの資料7)
改正法により第7条から、「経済産業省令で定める物品の区分により」の文言が削除されました。意匠課では、省令に代えてガイドラインを用意する意向のようですが、「物品の区分」(意匠に係る物品)の記載の自由度が拡がります。
しかし、どんな記載でもよい、というものではありません。
意匠に係る物品等の「用途及び機能」が明確でなければならず、不明確な場合は拒絶理由通知の対象になります。
拒絶理由槌に対して「補正」をしなければなりませんが、どの範囲での補正が認められるのか、は大きな関心事ですが、時間切れで審議されていません。

■次回(9月)は関連意匠について審議される予定です。

スポンサーサイト



プロフィール

legatoip

Author:legatoip
弁理士 峯唯夫です。
特許や、意匠・商標・著作権などの「知的財産」を扱う仕事をして35年以上になります。
このブログは、峯の日常活動の備忘録として、思いつくことを記述します。

東京都新宿区高田馬場2-1-2
TOHMA高田馬場9階
特許業務法人レガート知財事務所
弁理士 峯  唯 夫
*********************
HPはこちら http://legato-ip.jp/
ご連絡は
mine?legato-ip.jp
('?'を’@'に変更してください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク