FC2ブログ

自動車の操作状態を表示する意匠

自動車の操作状態を表示する意匠
平成29年5月30日判決言渡
平成28年(行ケ)第10239号審決取消請求事件


本件意匠は、意匠に係る物品を「自動車」とし、自動車の操作状態( エンジン始動、前進、後退など)を示す画像を路面に投影するものである。
自動車操作2

 特許庁は、この意匠は、意匠法第2条第2項の「操作画像」には該当しないとして、3条1項柱書違背を理由に拒絶した。
 出願人は、本願が「秘密意匠」であるにもかかわらず審決取消訴訟を提起した。裁判所の判断は特許庁と同じであり、以下の通り記されている。
「(意匠法2条2項の)立法経緯を踏まえて解釈すると,同項の「物品の操作.の用に供される画像」とは,家電機器や情報機器に用いられてきた操作ボタン等の物理的な部品に代わって,画面上に表示された図形等を利用して物品の操作を行うことができるものを指すというべきであるから,特段の事情がない限り,物品の操作に使用される図形等が選択又は指定可能に表示されるものをいうものと解される。
 これを本願部分についてみると,本願部分の画像は,別紙第1のとおりのものであって,「意匠に係る物品の説明」欄の記載(補正後のもの,別紙第1)を併せて考慮すると,画像の変化により運転者の操作が促され,運転者の操作により更なる画像の変化が引き起こされるというものであると認められ,本願部分の画像は,自動車の開錠から発進前(又は後退前)までの自動車の各作動状態を表示することにより,運転者に対してエンジンキー,シフトレバー,ブレーキペダル,アクセルペダル等の物理的な部品による操作を促すものにすぎず,運転者は,本願部分の画像に表示された図形等を選択又は指定することにより,物品(映像装置付き自動車)の操作をするものではないというべきである。
 そうすると,本願部分の画像は,物品の操作に使用される図形等が選択又は指定可能に表示されるものということはできない。また,本願部分の画像について,特段の事情も認められない。
 したがって,本願部分の画像は,意匠法2条2項所定の「物品の操作...の用に供される画像」には当たらないから,本願意匠は,意匠法3条1項柱書所定の「工業上利用することができる意匠」に当たらない。」

 法解釈、当てはめとしてはそのとおりでり、現行法で登録を認めることは困難であろう。しかし、路面に投影されるとしても「画像」ではある。ネックは「操作の用に供される」という制約である。「操作の用に供される」という要件は、判決に示されているとおり、従前の物理的なスイッチを画像に置き換えたものを想定しているために設けられたものである。確かにこの意匠は「スイッチ」の要素はない。
 むしろ、1項で保護される「物品の機能に必要な画像」に近いもののように思われる。この意匠の機能を物理的に行おうとするならば、自動車の車体に操作状態を示すライト等を装着することが考えられる。このライト等と本件の「画像」は同等の機能のものと言えるだろう。
 しかし、1項の意匠は「物品それ自体」に表示されなければならないと解釈されている。2項で「同時に使用される他の物品」という文言が書かれているために、解釈で1項の「物品それ自体」という枠を取り払うことはきわめて困難と言える。
この事案は、デザインの新しい表現方法に、意匠法がどう対応すべきなのかを考えさせるものである。
 ない、本願出願人は、同種の意匠4件について訴訟を提起している(第10239号~10242号)。
スポンサーサイト



プロフィール

legatoip

Author:legatoip
弁理士 峯唯夫です。
特許や、意匠・商標・著作権などの「知的財産」を扱う仕事をして35年以上になります。
このブログは、峯の日常活動の備忘録として、思いつくことを記述します。

東京都新宿区高田馬場2-1-2
TOHMA高田馬場9階
特許業務法人レガート知財事務所
弁理士 峯  唯 夫
*********************
HPはこちら http://legato-ip.jp/
ご連絡は
mine?legato-ip.jp
('?'を’@'に変更してください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク