FC2ブログ

パロディーに絡んだ商標審・判決の紹介(7)

知財高裁 平23(行ケ)10426号(平成24年 5月31日判決) 
判断:10号,15号,19号に該当する。

文字部分の称呼において近似し、指定商品も共通しているので、当然の判断だと思います。

ランボルギーニ

  (1) 本件商標と引用商標との類否の認定,判断について
 本件商標は,その文字部分が看者に対し強い印象を与える部分といえるところ,本件商標の文字部分と引用商標を対比すると,本件商標の文字部分10文字中9文字が引用商標と同一であり(なお,本件商標は,Lの文字以外が小文字で構成されている。),引用商標の中程に位置する「GH」が「m」である点のみが相違するといえる。そして,本件商標からは,「ランボルミニ」ないし「ランボルミーニ」との称呼が生じるのに対し,引用商標からは,「ランボルギーニ」との称呼が生じ,本件商標の「ミ」ないし「ミー」と引用商標の「ギー」の部分のみが相違し,相違する音は母音構成を共通にする近似音であることからすれば,本件商標と引用商標とは,称呼において類似する。
 本件商標は,字体における特徴があり,また図形部分が付加されている点で,引用商標と外観において若干の相違があるものの,全体として類似するといえる。
 以上によれば,本件商標と引用商標は,本件商標の文字部分10文字中9文字が引用商標と共通すること,称呼において,相違する1音が母音構成を同じくする近似音であり類似すること,外観においても,若干の相違があるものの,全体として類似することに加え,前記原,被告の各商標の使用状況等取引の実情等を総合して判断すると,本件商標と引用商標は,互いに類似する商標であると解される。
  (2) 商標法4条1項10号該当性について
 上記のとおり,引用商標である「LAMBORGHINI」は,本件商標の出願以前から現在に至るまで,イタリアの高級自動車メーカーである原告又は原告の業務に係る商品「自動車(スーパーカー)」を表示するものとして,日本国内の自動車の取引業者や愛好家の間で広く知られているから,他人の業務に係る商品(自動車)を表示するものとして,需要者の間に広く認識されている商標に該当するものと認められる。また,本件商標は,上記のとおり,引用商標に類似し,本件商標の指定商品には,「自動車」を含んでいる。そうすると,本件商標は,他人の業務に係る商品(自動車)を表示するものとして,需要者の間に広く認識されている商標に類似する商標であって,その商品(自動車)に使用をするものに該当すると認められる。
 したがって,本件商標は,商標法4条1項10号に該当する。
  (3) 商標法4条1項15号該当性について
 また,上記のとおり,原告は,本件商標の出願以前から現在に至るまで,引用商標である「LAMBORGHINI」等の商標を使用して,「自動車(スーパーカー)」を製造,販売する業務を行っていること,本件商標は,引用商標と類似する商標であり,その指定商品に引用商標が使用されているのと同一商品(自動車)を含むこと,被告は,「Lambormini」や「ランボルミーニ」との商標を使用して,原告の製造,販売に係る自動車を模したカスタムバギーを製造,販売していること等を総合すると,本件商標は,他人の業務に係る商品と混同を生ずるおそれのある商標に該当すると認められる。
 したがって,仮に本件商標が商標法4条1項10号に該当しないとしても,同条同項15号に該当するものと認められる。
  (4) 商標法4条1項19号該当性について
 さらに,被告は,上記のとおり,原告が世界的に著名な自動車メーカーであり,引用商標も原告の業務に係る商品(自動車)を表示するものとして需要者の間に広く認識されていることや,かかる引用商標と本件商標が類似の商標であることを認識しながら,自動車等を指定商品等とする本件商標登録を行い,実際に「Lambormini」や「ランボルミーニ」との商標を使用して,原告の製造,販売に係る自動車を模したカスタムバギーを製造,販売していることが認められる。そうすると,本件商標は,被告が,不正の利益を得る目的,他人に損害を加える目的その他の不正の目的をもって使用をするものと認められる。
 したがって,仮に本件商標が商標法4条1項10号,15号に該当しないとしても,同条同項19号に該当するものと認められる。

今回で、「パロディー商標」を終了します。

スポンサーサイト



パロディーに絡んだ商標審・判決の紹介(6)

異議2002-90881(異議決定日 平成15年10月15日)  
判断:混同の恐れがある(15号に該当)


「ライオン」が本家であり、「猫」がパロディー
フィルムを巻いた構図が共通していることが指摘されています。本家は映画関連で「猫」はパチンコ。それでも「娯楽関連」なので混同するという判断です。
ライオン

本件商標と引用商標とは、全体の構成の枠組みである巻物状フィルム図形を配してなる構成が酷似し、本件商標に「GRANDE」の文字を配してなるとはいえ、引用商標の巻物状フィルム図形中のライオンを招き猫に置き換えたものであるから、その外観形象は極めて近似したものである。そうすると、本件商標は、引用商標とその外観において相紛らわしく、これに接する取引者、需要者が引用商標を連想、想起する蓋然性は極めて高いというべきである。
(3)商標権者は、「本件商標の指定役務中のパチンコ関連役務と引用商標の指定役務である映画関連役務とは、役務の提供手段等が相違するので、両役務の関連性は極めて薄い。」旨主張する。
 しかしながら、本件商標と引用商標とは、前記4(2)の認定のとおり、類似する商標であり、さらに、両商標の指定役務も娯楽産業の一つであること、また、引用商標の著名性からみても、本件商標の指定役務に使用した場合、これに接する取引者、需要者が引用商標を連想又は想起し、その役務が申立人若しくは申立人と経済的又は組織的に何らかの関係がある者の業務に係るものであるかのように、その役務の出所について混同を生じさせるおそれがあるといわざるを得ない。
 したがって、本件商標は、商標法第4条第1項第15号に違反してされたものといわざるを得ないから、同法第43条の3第2項の規定により、その登録を取り消すべきものである。

これだけ違えば、登録を認めてよいのではないかと思います。
似ているのは、「構図」だけですから。
プロフィール

legatoip

Author:legatoip
弁理士 峯唯夫です。
特許や、意匠・商標・著作権などの「知的財産」を扱う仕事をして35年以上になります。
このブログは、峯の日常活動の備忘録として、思いつくことを記述します。

東京都新宿区高田馬場2-1-2
TOHMA高田馬場9階
特許業務法人レガート知財事務所
弁理士 峯  唯 夫
*********************
HPはこちら http://legato-ip.jp/
ご連絡は
mine?legato-ip.jp
('?'を’@'に変更してください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク