FC2ブログ

パロディーに絡んだ商標審・判決の紹介(5)

審判番号 不服2003-8584(審決日 平成17年12月 5日) 
判断:「daNpa」の称呼「ダンパ」と「ダンパー」は類似する。(11号該当)

この事案は、上掲の商標を出願した出願人が、以下の登録商標に類似するという理由で拒絶査定を受け、拒絶査定不服審判において「パンダをもじったパロディー商標」であると主張したものです。この主張は審判で認められす、拒絶査定が確定しました。
現在の審査・審判であれば図形の有無、文字の態様の違いなどにより、非類似とされるのではないかと思います。
パロディーダンパ
請求人は、本願商標は、パンダのぬいぐるみ様の絵柄の白黒反転図形と、「パンダ」の読みと逆となる綴りの欧文字を配したものであって、全体として、パンダをもじったパロディー的なキャラクターを商標として採択したものであり、この採択の意図は、本願商標の取引者、需要者に容易に認識され、「ダンパ」の称呼は、「パンダ」の逆をいうことになることを認識して称呼し、それが、白黒反転の「パンダ」の絵柄と一体となって把握されることになり、本願商標は、「パンダ」と無関係なものとして称呼、観念されることはない旨主張しているが、請求人による本願商標の採択の意図が、本願商標に接する取引者、需要者に広く認識、理解されていることを認めるに足りる証拠の提出がないばかりでなく、該図形から白色と黒色を反転したパンダを直ちに認識するとみるべき特段の事情も見いだせないものであり、本願商標については上記認定のとおりであるから、請求人の主張は、採用することができない。 
 他方、引用商標は、前記のとおり、「ダンパー」の片仮名文字と「DUMPER」の欧文字とを書してなるところ、その構成中の「ダンパー」の片仮名文字は、「DUMPER」の欧文字部分から生ずる読みを特定したものと認められるから、引用商標は、その構成文字に相応して「ダンパー」の称呼を生ずるものである。 
 しかして、該「DUMPER」の欧文字は、英和辞典をひもとけば「ごみ捨て人夫、貨車転倒装置」等の意味を有するとしても、これが、引用商標に接する取引者、需要者の間で広く知られているとはいい難いことから、むしろ、一種の造語よりなるものとみるのが相当である。 
 そこで、本願商標から生ずる「ダンパ」の称呼と引用商標から生ずる「ダンパー」の称呼とを比較すると、両称呼は、称呼における識別上重要な要素を占める語頭音から第3音までの「ダンパ」の各音を同じくし、異なるところは語尾における長音「ー」の有無に差異を有するのみである。 
 そして、この長音は、「パ」音の母音(a)の余韻として残る程度の弱音であり、かつ、比較的聴取され難い末尾に位置することも相まって、「パ」音に吸収されて明確には発音、聴取され難い音といえるから、この長音の有無が称呼全体に与える影響は決して大きいものとはいえず、両称呼をそれぞれ一連に称呼するときは、全体の語調、語感が近似し、称呼上相紛れるおそれがあると判断するのが相当である。 

スポンサーサイト



パロディーに絡んだ商標審・判決の紹介(4)

(4)知財高裁平成22年 7月12日 事件番号 平21(行ケ)10404号
   異議決定取消請求事件
判断:拒絶理由はない(登録維持)
PUMA
シーサー
商標登録第5040036号

「PUMA」との関係で登録が維持された唯一の例です。
「パロディー」かどうかということは商標の類否判断においては無関係であるというスタンスが明記されています。

本件商標と引用商標Cとは,生じる称呼及び観念が相違し,外観も必ずしも類似するとはいえないものにすぎない点,原告が経営する沖縄総合貿易が主として沖縄県内の店舗及びインターネットの通信販売で本件商標を付したTシャツ等を販売するに止まっており,販売規模が比較的小規模である点に鑑みると,本件商標の指定商品たるTシャツ,帽子の取引者及び需要者において普通に払われる注意力を基準としても,本件商標を上記指定商品に使用したときに,当該商品が補助参加人又は補助参加人と一定の緊密な営業上の関係若しくは補助参加人と同一の表示による商品化事業を営むグループに属する関係にある営業主の業務に係る商品であると誤信されるおそれがあるとはいえないというべきである。
 したがって,本件商標登録には,法4条1項15号にいう「混同を生ずるおそれ」があるとはいえず,これに反する原決定の判断は誤りであるというべきである。

補助参加人は,本件商標は,補助参加人の商標のパロディであって,補助参加人の商標の信用をフリーライドし,希釈化するものである等と主張する。
 しかし,「パロディ」なる概念は商標法の定める法概念ではなく,講学上のものであって,法4条1項15号に該当するか否かは,あくまでも法概念である同号該当性の有無により判断すべきであるのみならず,後記のとおり,原告は引用商標C等の補助参加人の商標をパロディとする趣旨で本件商標を創作したものではないし,前記のとおり,本件商標と引用商標Cとは,生じる称呼及び観念が相違し,外観も必ずしも類似するとはいえないのであって,必ずしも補助参加人の商標をフリーライドするものとも,希釈化するものともいうこともできない。
 したがって,補助参加人の上記主張は採用することはできない。

パロディーに絡んだ商標審・判決の紹介(3)

(3)知財高裁平成25年 6月27日 事件番号 平24(行ケ)10454号
   無効審判審決取消請求事件
   判断:4条1項7号、15号(混同)に該当
PUMA
KUMA
登録第4994944号

本件商標をその指定商品について使用する場合には,これに接する取引者,需要者は,顕著に表された独特な欧文字4字と熊のシルエット風図形との組合せ部分に着目し,周知著名となっている引用商標を連想,想起して,当該商品が被告又は被告と経済的,組織的に何らかの関係を有する者の業務に係る商品であるかのように,その出所について混同を生ずるおそれがあるといえる。
 したがって,本件商標は15号に該当するとした審決の判断に誤りはなく,取消事由2に理由はない。

原告は日本観光商事社のライセンス管理会社であるが(弁論の全趣旨),日本観光商事社は,本件商標以外にも,欧文字4つのロゴにピューマの代わりに馬や豚を用いた商標や,他の著名商標の基本的な構成を保持しながら変更を加えた商標を多数登録出願し(甲4,5,14),商品販売について著作権侵害の警告を受けたこともあること(甲15,16)が認められる。
 これらの事実を総合考慮すると,日本観光商事社は引用商標の著名であることを知り,意図的に引用商標と略同様の態様による4個の欧文字を用い,引用商標のピューマの図形を熊の図形に置き換え,全体として引用商標に酷似した構成態様に仕上げることにより,本件商標に接する取引者,需要者に引用商標を連想,想起させ,引用商標に化体した信用,名声及び顧客吸引力にただ乗り(フリーライド)する不正な目的で採択・出願し登録を受け,原告は上記の事情を知りながら本件商標の登録を譲り受けたものと認めることができる。
 そして,本件商標をその指定商品に使用する場合には,引用商標の出所表示機能が希釈化(ダイリューション)され,引用商標に化体した信用,名声及び顧客吸引力,ひいては被告の業務上の信用を毀損させるおそれがあるということができる。
 そうすると,本件商標は,引用商標に化体した信用,名声及び顧客吸引力に便乗して不当な利益を得る等の目的をもって引用商標の特徴を模倣して出願し登録を受けたもので,商標を保護することにより,商標を使用する者の業務上の信用の維持を図り,需要者の利益を保護するという商標法の目的(商標法1条)に反するものであり,公正な取引秩序を乱し,商道徳に反するものというべきである。
 したがって,本件商標は7号に該当するとの審決の判断に誤りはなく,取消事由1は理由がない。

パロディーに絡んだ商標審・判決の紹介(2)

パロディーに絡んだ商標審・判決の紹介(1)

プロフィール

legatoip

Author:legatoip
弁理士 峯唯夫です。
特許や、意匠・商標・著作権などの「知的財産」を扱う仕事をして35年以上になります。
このブログは、峯の日常活動の備忘録として、思いつくことを記述します。

東京都新宿区高田馬場2-1-2
TOHMA高田馬場9階
特許業務法人レガート知財事務所
弁理士 峯  唯 夫
*********************
HPはこちら http://legato-ip.jp/
ご連絡は
mine?legato-ip.jp
('?'を’@'に変更してください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク