FC2ブログ

ロゴマークに著作権はあるのか

ロゴマークに著作権はあるのか

ロゴマークも「応用美術」であり、前回の続きです。

ロゴマーク(以下、「事業を表彰する図案」を意味するものとします。)。
これも著作物性があるのかどうか、結論は出ていません。
一部に、著作権を基礎とした侵害事案もあったようですが、裁判所で著作物性が認められた例はないと思います。

他方、東京オリンピックのエンブレム案が著作権侵害だと主張され、取り下げられました。著作権侵害だと主張した「ロゴ」(劇場の「商標」)に著作物性を認めるのかどうか。

著作物性の認定は国によって異なっています。
ざっくり言うと、ヨーロッパは緩やかであり、アメリカは厳格といえると思います。
日本は、というと、産業や事業に用いられる作品を著作物だと認定するハードルは高いものでした。裁判所では「純粋美術と同視し得る」ものだけが「著作物」として保護される、という立場でした。鑑賞の対象になるのか、ということです。

この基準で考えると、侵害だという作品(劇場のロゴ)自体、日本の裁判所で「著作物」と認められる可能性は決して高くはなかった。そして、もし著作物だと認められても、委員会での決定案が著作権侵害とされる可能性は低かった、と思います。

さて、「「TRIPP TRAPP事件」判決で言う応用美術の定義、「実用に供され、あるいは産業状の利用を目的とする表現物」によれば、「商標」として制作された図案も「応用美術」であり、創作性が認められれば「著作物」として保護されることになります。この観点からは、劇場のロゴは「著作物」であり、著作権法で保護されることになるでしょう。

ここで、著作権法と商標法の交錯が生じます。
著作権法と意匠法との交錯は、「美の一体性」で説明がつくかもしれません(しかし峯はデザイナーのムラーニさんが言う「芸術家は美術館を目指す。デザイナーはスーパーマーケットを目指す」との言葉が肝だと思います。)。しかし、著作物と商標とは表現物が近似しているとしても、その機能は全く違います。著作物は「美」を求め、商標であるロゴは「識別」を求めます。

ロゴデザインに著作物性を認めるとどうなるか。

ロゴデザインは企業を識別するためにデザインされます。一般に、企業は守備範囲を持っていて、その範囲でロゴマークが保護されればよいと考えています。しかし、ロゴマークが著作権で保護される、ということになると、企業の守備範囲以外でも、「そのマークを使うな」ということになります。
今回の問題もそうです。
「劇場」と「オリンピック」は全く違う事業であり、商標法的には問題がないはずです。

欧州共同体匠規則では、ロゴマークも登録されています。
峯は、これはおかしい、と思っています。

整理すると、
「幼児用椅子」判決から類推すると、「ロゴマーク」も著作物として保護されることになる。これは、JAGDA(日本グラフィックデザイナーズ協会)の念願ではあったのですが、商標の法体系を根底からくずすことになります。
創作性のあるロゴデザインであれば、商標登録しなくとも、すべての商品・役務で、「商標的使用態様」かどうかも問われずに、「著作権」で保護される。

これは違うのではないか。
欧州はどう整理しているのか。参照すべき資料(紛争)はないようです。

**********************
東京都新宿区高田馬場2-1-2
TOHMA高田馬場9階
特許業務法人レガート知財事務所
弁理士 峯  唯 夫
*********************
ブログはこちら http://legatoip.blog.fc2.com/
HPはこちら http://legato-ip.jp/
スポンサーサイト



プロフィール

legatoip

Author:legatoip
弁理士 峯唯夫です。
特許や、意匠・商標・著作権などの「知的財産」を扱う仕事をして35年以上になります。
このブログは、峯の日常活動の備忘録として、思いつくことを記述します。

東京都新宿区高田馬場2-1-2
TOHMA高田馬場9階
特許業務法人レガート知財事務所
弁理士 峯  唯 夫
*********************
HPはこちら http://legato-ip.jp/
ご連絡は
mine?legato-ip.jp
('?'を’@'に変更してください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク