FC2ブログ

子供用の椅子に「著作権」が認められた

本年4月14日、知財高裁(清水節 裁判長)で、実用品である「子供用の椅子」に著作権があるという画期的な判決が出ました(平成26年(ネ)第10063号)。
従来裁判所では、一品製作の美術工芸品(例えば絵皿)は著作物として保護されるが、量産される実用品は原則として著作物ではない。「純粋美術と同視し得る程度に美的鑑賞の対象となるもの」に限り、著作物として扱う、という立場で判断してきました。量産品は「意匠法」で保護されるのであり、著作権法の保護対象ではない、ということです。

ところが、この判決では、実用目的の量産品であっても、「思想感情の創作的表現」と認められれば著作物として保護される、というのです。
著作物と認められた原告の椅子は以下のものです。
椅子(原告)
裁判所は以下のように述べています。
「応用美術は,装身具等実用品自体であるもの,家具に施された彫刻等実用品と結合されたもの,染色図案等実用品の模様として利用されることを目的とするものなど様々であり,表現態様も多様であるから,応用美術に一律に適用すべきものとして,高い創作性の有無の判断基準を設定することは相当とはいえず,個別具体的に,作成者の個性が発揮されているか否かを検討すべきである。」
「控訴人製品の概要のとおりの,控訴人ら主張に係る控訴人製品の形態的特徴が,幼児用椅子としての機能に係る制約により,選択の余地なく必然的に導かれるものということは,できない。
以上によれば,控訴人ら主張に係る控訴人製品の形態的特徴は,
①「左右一対の部材A」の2本脚であり
,かつ,
「部材Aの内側」に形成された「溝に沿って部材G(座面)及び部材F(足置き台)」の両方を「はめ込んで固定し」ている点,
②「部材A」が,「部材B」前方の斜めに切断された端面でのみ結合されて直接床面に接している点及び両部材が約66度の鋭い角度を成している点において,作成者である控訴人オプスヴィック社代表者の個性が発揮されており,「創作的」な表現というべきである。」
また、著作権法と意匠法との棲み分けについては、
「一定範囲の物品に限定して両法の重複適用を認めることによって,意匠法の存在意義や意匠登録のインセンティブが一律に失われるといった弊害が生じることも,考え難い。
以上によれば,応用美術につき,意匠法によって保護され得ることを根拠として,著作物としての認定を格別厳格にすべき合理的理由は,見出し難いというべきである。」
とあっさりと片付けています。

さて、「棲み分け論」の根拠としては、意匠登録のインセンティブの他、以下の問題点が指摘されています。
1.著作者人格権の問題(特に同一性保持権)
2.写真撮影の問題(複製権)
3.リデザインの問題(翻案権)
これらに関し、「著作権が認められるとしてもその範囲は狭い」ことを前提とすれば、さほど問題は生じないだろう、という見解もあります。
しかし、ここでもう一つ問題点を指摘したいと思います。
それは、どの時点で「著作物」が創作されたとみるのか、といういことです。
デザイナーがスケッチを書いたときか、モデルを創ったときか、試作品ができたときか。
この判断次第で、著作権者が異なります。

この事案、被告商品は原告「著作物」と同一性がないと言うことで、結局は請求は棄却されています。
被告商品の一例は以下のものです。
椅子(被告)

*****************************
レガート知財事務所
弁理士 峯 唯夫
http://legato-ip.jp/
スポンサーサイト



意匠制度とデザイナー

意匠保護制度、すなわち「意匠法」は、意匠の創作を活性化することによって
「産業の発達」を目指そうというものです。
一方
「意匠の創作」=「デザイナーの成果」が創作者であるデザイナーの権利として
登録されることはきわめて少ない。
多くのデザインは、デザイナーのクライアントである企業が権利を保有している。
すなわち、
意匠法は「意匠の創作者」であるデザイナーにご利益を与えていない。

その理由はいくつか考えられます。例えば
1 意匠登録出願をするには費用がかかる。
2 契約の中で、意匠権はクライアント企業が取得すると決められている。
3 デザイナーに「意匠登録」への意識が低い。

峯は、上記1が解決されれば2,3も解決できると思っています。

1を解決する手段、
それは、
デザインした人が、そのデザインに対して権利を持つ
という仕組み作りです。

お金をかけて登録しなくとも
そのデザインは私のものです、勝手に使わないでください
という仕組みができれば、2,3も解決されます。

十数年前からこのような仕組みを作りたいと発言してきました。
デザイナーの方が見ていたら
応援してください。

色彩のみからなる商標

4月1日から「新しいタイプの商標」の出願が開始され、4月1日出願分が特許庁のHPで公表されています。
http://www.meti.go.jp/press/2015/04/20150414001/20150414001.pdf(音以外の商標)
http://www.meti.go.jp/press/2015/04/20150428003/20150428003.pdf(音の商標)

色彩のみからなる商標が203件(4/1~4/10)で最多である。
しかし、出願商標の内容をどのように理解したらよいのだろうか。

2015-30037セブンイレブン

ご存知、セブンイレブンのハザードサインの色彩である。
願書においては、各色彩の割合が%で表示されているが、それは帯の太さと理解できる。
この商標は左右に連続する帯における色彩の組み合わせであると理解できる。

他方、以下の商標はどうだろうか。出願人は京王電鉄。
2015-30127京王
東京近郊の方であれば、電車やタクシーの帯として使われている色彩であると分かるだろう。
しかし、電車の帯は、赤と青の間にクリーム色(車体の地色)が挟まっている。
京王



セブンイレブンの商標と同じように理解すると、この出願商標は電車に表されている帯とは異なるもののようである。
しかし、色彩のみからなる商標の出願において、%で表示される色彩の割合は、必ずしも「帯の比率」を示すものとは言い切れないようである。表示される対象における組み合わされる色彩の面積比を示すものである、という理解もあるようである。
いずれを意図したものであるか、出願から理解することはできない。

また、「位置を特定した色彩のみからなる商標」と「(色彩についての)位置の商標」との区別もわかりにくい。
以下に示すように、ほぼ同じ内容と思われる商標を両者に出願している例も見受けられる。

こちらは「色彩のみからなる商標」
2015-30049シンワ色彩

こちらは「位置の商標」
2015-30051シンワ位置

商標見本で見る限り、違いは見当たらない。

*****************************
レガート知財事務所
弁理士 峯 唯夫
http://legato-ip.jp/

「意匠の保護」と「産業の発達」

意匠法は、「意匠を保護」することにより「産業の発達」をめざすものとされている。

意匠の保護と産業の発達とは
発明の保護と産業の発達
のようにきれいに説明ができず
(発明と産業の発達とのつながりも今では怪しいが)
種々の議論がありました。

その中で、峯は、産業の発達ということを広く考えて
文化の成就も含めて考えよう
と考えたことがありました。

でも、今 まさにその世界になっています。
「正しいデザイン」(好きな言葉ではないのですが)
を創らなければ企業は存立できない
という時代です。
「正しいデザイン」は当然に
プロダクトアウトの過剰なデザインではなく
生活者が望むデザイン。

すなわち
生活者の「生活」であり「文化」です。

新しい「文化」「生活」を提示するデザイン(ものの形)
が保護される世界を創らなければ。

*****************************
レガート知財事務所
弁理士 峯 唯夫
http://legato-ip.jp/

知的資産経営認定士の認定を受けました


このたび、
一般財団法人知的資産活用センターが認定する「知的資産経営認定士」
の認定を受けました。

これは国家資格ではなく、単に
「知的資産」と「経営」との関わりについて
それなりの理解を持っている、
ということを示す「認定」に過ぎません。

とはいうものの、
「デザインによる知的資産経営」というタイトルで
「発明」に連載していた峯として、
それなりのバックボーンを得たということで
嬉しく思っています。

*****************************
レガート知財事務所
弁理士 峯 唯夫
http://legato-ip.jp/
プロフィール

legatoip

Author:legatoip
弁理士 峯唯夫です。
特許や、意匠・商標・著作権などの「知的財産」を扱う仕事をして35年以上になります。
このブログは、峯の日常活動の備忘録として、思いつくことを記述します。

東京都新宿区高田馬場2-1-2
TOHMA高田馬場9階
特許業務法人レガート知財事務所
弁理士 峯  唯 夫
*********************
HPはこちら http://legato-ip.jp/
ご連絡は
mine?legato-ip.jp
('?'を’@'に変更してください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク