FC2ブログ

意匠法で保護すべきもの

意匠法での「新規性」、何を保護するか

意匠法では新規であり創作性のある意匠だけを保護する。
これでいいのかな、という疑問です。

「新規な意匠」とは今までにある意匠と「特徴的な違い」がある意匠
ということができます。
違いのない意匠は保護されない。

ということは、
オリジナルのデザインを、微妙に改変しながら20年間たったもの
これは、
途中で微妙なデザインの改変があっても
みんな、「前のデザイン」(公知の意匠)に類似している
という理由で、登録されないことになります。

この仕組みは、デザインを保護する仕組みとして正しいのでしょうか。

経済高度成長期
その頃は、「斬新な」デザインを開発することが
商品の売り上げ向上に直結し、
意匠法にいう「産業の発達」に寄与したのでしょう。

今は違います。

斬新なデザインはブームになることはあっても、長続きせず、消費されるだけ。

意匠法が、「審査」というコストをかけて、
消費されるデザインにお審査をする価値はなんでしょう。
審査の作業に要求されることは、
産業に貢献するでデザインを選別する作業ではないでしょうか。

意匠法は「産業の発達に寄与すること」を目的としています。
すなわち、
産業の発達に寄与する意匠の保護を要求されています。

産業の発達に寄与する意匠は
時代、社会環境で変わります。

今 を考えると「斬新な意匠」「他と違うことを強調する意匠」
などは、保護すべき対象からずれている。

でも、意匠法の審査では時代の変化が感じられない。

これでは、商標法、特に「位置の商標」に飲み込まれます。
「位置の商標」とは、峯流にいうと「部分立体商標」
典型例は自動車BMの「キドニーグリル」といわれる
フロントグリルです。

意匠法の変化が必要です。

*****************************
レガート知財事務所
弁理士 峯 唯夫
http://legato-ip.jp/
スポンサーサイト



プロフィール

legatoip

Author:legatoip
弁理士 峯唯夫です。
特許や、意匠・商標・著作権などの「知的財産」を扱う仕事をして35年以上になります。
このブログは、峯の日常活動の備忘録として、思いつくことを記述します。

東京都新宿区高田馬場2-1-2
TOHMA高田馬場9階
特許業務法人レガート知財事務所
弁理士 峯  唯 夫
*********************
HPはこちら http://legato-ip.jp/
ご連絡は
mine?legato-ip.jp
('?'を’@'に変更してください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク