FC2ブログ

「意匠」の保護はどうしたらよいのいか

日本の100年に及ぶ意匠保護制度。
創世記は、平面に施される「模様」の保護。
布地の模様の保護から始まっています。
日本の産業が繊維産業(=織物産業)だったことに対応しています。
もちろん、明治・大正においても家具をはじめとする優れた立体物のデザイン
も開発され、意匠登録されていました。

年月を経て、戦後の経済復興期
企業はそれなりの技術を持ち、海外商品のコピーができるようになった。
今の中国と同じです。
そこで問題になったのが、
コピー品を輸出してはまずい、ということ。

意匠登録は、コピー品ではないことの証として活用されたのです。
その頃に作られたのが、今の意匠法。

意匠法は、もともと二次元の「織物のデザイン」を保護することを考えていた
でも、
産業の中心は「織物」から「形のある工業製品」に移ってしまった。
その結果、意匠法の世界に二次元のデザインを軽んじる風潮ができてしまった、
と思う。
建築から出発した「バウハウス」も二次元デザインは考えていないだろう。
そのバウハウスの影響を強く受けている審査の中で、

二次元でありながら「用途・機能」があるという画像デザインは
きわめて扱いにくいものであると思う。
そのなかで、画像の中に「用途・機能」を見て審査している現状は
とてもすばらしいこと。

問題は、
二次元の「織物」も、三次元の「物品」もみな手に取ることができた。
だけど、「画像」は手に取ることができない。
物理的に存在しない。

識者はいう「意匠法の保護対象は’物品’だから、物理的存在しない
’画像データ’は保護対象ではない」と。

しかし、意匠法の「物品」を物理的に存在するものに限る必要はない。
「物品」の定義は定まっていないのだから、法目的に適応して解釈すればよい。
無体物である「データ」を物品としてもよいではないか。
特許法では「プログラム」も「物」とされている。

唐突ではあるが、
「画像」を表すプログラムもしくはデータを「物品」ととらえてよいのではないか。
「物品」の解釈は法律制定時の産業事情で示されているのだから
今の事情に合わせて解釈を変更することに問題はないであろう。

*****************************
レガート知財事務所
弁理士 峯 唯夫
http://legato-ip.jp/



スポンサーサイト



「商標保護」と「ブランド」

商標法で、商標(マーク)は、商品・役務の出所識別標識と理解されている。

他方「ブランド」は、企業が提供し、その需要者が受容する
感性的な価値と理解されており(峯の理解)、
それを標章するのがマークである、
と理解されている。

両者は「マーク」というところで交錯する。

商標法は、商品・役務について使用する「マーク」を保護する
ということになっているが、
その基礎には
「商品を識別するマーク」という考えがあり、
「マーク」の保護は「商品・役務」を単位として行われている。

「ブランド」を正面から保護する法律はなく
一番近いところにあるのが「商標法」

商標法が、商品・役務を識別するマークを保護する
という立場を維持するのか
それとも、
「ブランド」を保護するというところに行くのか。

峯は今、思案中です。

もし、「商標法でブランドを保護すべき
という方向になると、
従前の峯の意見の多くは否認されることになると思います。

*****************************
レガート知財事務所
弁理士 峯 唯夫
http://legato-ip.jp/



画像デザインの保護

今日は、「早稲田大学知的財産法研究所」主催のセミナー
「日本はどのように画像デザインを保護するのか」
講演者:五味飛鳥氏
に参加。

講演の要旨は、
1.画像デザインの現状
2.保護することへの業界の反応
3.産業構造審議会意匠小委員会の報告書の整理
4.報告書案の検討
5.3Dプリンターを含めデータ保護
ということであっただろう。

峯として一番関心があるのは、画像デザインの保護であり、
発表の中で峯の見解も披露いただいた。
「画像」は「機能」との関係づけて保護すべきである、と。

今、問題になっているのは
インストールされソフトで表されるる画像の保護。

だけれど登録という場面で言えば「物品」の問題。

「携帯情報端末」という物品名で種々の画像が登録されている。
例えば、タイマー画像(五味氏の資料)
他方
「パーソナルコンピューター」という物品名で出願すれば
意匠の説明で説明しても
「機能を発揮した状態」であるという理由で
登録されない。

「パソコン」も「情報端末」
「携帯」であればよいのか。

全く不思議な世界です。


*****************************
レガート知財事務所
弁理士 峯 唯夫
http://legato-ip.jp/




プロフィール

legatoip

Author:legatoip
弁理士 峯唯夫です。
特許や、意匠・商標・著作権などの「知的財産」を扱う仕事をして35年以上になります。
このブログは、峯の日常活動の備忘録として、思いつくことを記述します。

東京都新宿区高田馬場2-1-2
TOHMA高田馬場9階
特許業務法人レガート知財事務所
弁理士 峯  唯 夫
*********************
HPはこちら http://legato-ip.jp/
ご連絡は
mine?legato-ip.jp
('?'を’@'に変更してください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク